ホーム > 少年連盟試合速報 > 2014年05月


全日本少年サッカー栃木県大会監督会議について - 2014/05/11 (Sun)

 平成26年5月 8日
全日本少年サッカー大会
 栃木県大会参加チーム 各位

栃木県少年サッカー連盟
会 長  高 瀬 利 明

第38回全日本少年サッカー栃木県大会監督会議の開催について


 深緑の候、皆様方におかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、標記の件につきまして、下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上御出席いただけますよう御案内いたします。



1 日 時  平成26年 5月17日(土)

 (1) 受  付    9:30〜
(2) 監督会議    9:45〜11:30

2 会 場  「栃木県総合教育センター」 408研修室
                宇都宮市瓦谷町1070

3 内 容  大会説明、組み合わせ抽選、審判について、その他

4 監督会議について
(1) 大会に登録した監督が必ず出席してください。やむを得ない事情により、監督が出席できな   い場合は、事前に地区理事までその旨を連絡し、代理の方を出席させてください。

(2) 受付で監督証を御提示ください。登録年度の監督証が届いていない場合は、旧年度の監督証を御持参ください。新規登録の監督で監督証がない場合は、身分を証明できる物(運転免許証や審判手帳など)を御持参ください。

(3) この会議は監督会議ですので、各チームの監督もしくは代理の方のみの出席とさせていただ
  きます。監督もしくは代理の方以外の出席はできません。御了承ください。

5 連絡事項


バーモントカップ要項 - 2014/05/11 (Sun)

バーモントカップ第24回全日本少年
フットサル大会栃木県大会要項
1 目的本大会はフットサル競技を通して心身を鍛え、フェアプレーの精神を養い、正しく
強く創造力豊かな人間の育成を目的とする。
2 主催(公財)日本サッカー協会
3 後援栃木県教育委員会(申請予定)栃木県市町サッカー協会(申請予定)
4 主管(公社)栃木県サッカー協会栃木県少年サッカー連盟栃木県フットサル委員会
5 特別協賛ハウス食品株式会社
6 日程〈期日〉平成26年11月7日(土)・8日(日)
〈会場〉栃木県内体育館
7 参加資格
(1)フットサルチームの場合
@公益財団法人日本サッカー協会に「フットサル4種」の種別で加盟登録した単独のチームで
あること。一つの加盟登録チームから、複数のチームで参加できる。選手は同一地区内の
選手のみで構成されていること。
A前項のチームに所属する2002年4月2日以降に生まれた選手であること。
B外国籍選手は1チームあたり3名までとする。
C帯同審判員は5名以内で、日本サッカー協会公認のフットサル審判員の資格を有し、本連盟
主催の審判研修を受講した者。但し、3級以上のフットサル審判の資格を有する者は研修受
講を免除する。
D参加チームの役員(代表者・監督・コーチ・審判員)で最低一人(または登録チーム内役員
で最低一人)は、栃木県少年サッカー連盟主催フットサル研修会指導者講習会(6/22)を受
講していること。
(2)サッカーチームの場合
@公益財団法人日本サッカー協会に「4種」の種別で加盟登録した単独のチームであること。
一つの加盟登録チームから、複数のチームで参加できる。
A前項のチームに所属する2002年4月2日以降に生まれた選手であること。
B外国籍選手は1チームあたり3名までとする。
C帯同審判員は5名以内で、日本サッカー協会公認のフットサル審判員の資格を有し、本連盟
主催の審判研修を受講した者。但し、3級以上のフットサル審判の資格を有する者は研修受
講を免除する。
D参加チームの役員(代表者・監督・コーチ・審判員)で最低一人(または登録チーム内役員
で最低一人)は、栃木県少年サッカー連盟主催フットサル研修会指導者講習会(6/22)を受
講していること。
(3)都道府県大会、地域大会を通して、選手は、他のチームで参加していないこと。所属する
チームが複数のチームで参加する場合、またはサッカーチームとフットサルチームの両方
に所属し、両方のチームが参加する場合を含む。
(4)チーム役員(代表者を除く)、選手は、複数チームから大会に出場することはできない。
(5)移籍選手は、正規の手続きで地区予選第1日目の3週間前までに移籍の承認を受けた者。
8 参加チーム各地区の予選を勝ち抜いたチーム(計48チーム)
北那須地区( 6 ) 南那須塩谷地区( 11 ) 宇河地区( 8 )
上都賀地区( 4 ) 芳賀地区( 6 ) 下都賀地区( 7 ) 両毛地区( 6 )
9 大会形式
(1)リーグ戦・決勝戦
@1日目:48チームを8チームずつ6つのブロックに分け、さらに4チームずつ2つのリーグ
に分けてリーグ戦を行い、各ブロック1位の6チーム準決勝リーグへ進出する。
A2日目:各ブロック1位の6チームを3チームずつの2リーグに分け、準決勝リーグを行い、
各リーグの1位同士で決勝戦を行う。
※リーグ戦の順位は次の方法によって決定する。
@勝ち点(勝3 分1 負0) A当該チームの勝敗B得失点差C総得点差D抽選
(2)各地区の優勝チームをシードする。
(3)同一地区は同じリーグに入らない。
10 競技規則大会実施年度日本サッカー協会制定のフットサル競技規則による。
11 競技会規定以下の項目については競技会規定に定める。
(1)ピッチ
・大きさ:原則として、長方形で32m×16m
・ペナルティーエリア:ゴールポストから半径5mの1/4円弧とゴールラインに平行な線
・センターサークル:半径2.5m ・ペナルティーマーク:5m
・第2ペナルティーマーク:8m
・守備側競技者のボール等から離れる距離:フリーキック、コーナーキック、キックイン
の時、相手選手は4m離れる。
(2)使用球フットサル3号ボール(公認球:大会本部で準備)
(3)競技者の数ベンチ入りできる選手:参加申込書に記載の最大20名のうち、メンバー票に
記載された10名以内の選手とする。
競技者の数:5名交代要員の数:5名自由に交代できる。
ピッチ上でプレーできる外国人選手の数:2名以内
(4)チーム役員の数代表者1名・監督1名・コーチ2名以内とする。
(5)競技者の用具
@ユニフォーム:
(ア)試合当日にユニフォーム(シャツ・パンツ・ストッキング)は正の他に、副として正と異
なる色のユニフォームを有すること。
フィールドプレーヤーとして試合に登録(イ) された選手がコールキーパーに代わる場合、
その試合でゴールキーパーが着用するシャツと同一の色彩および同一のデザインで、
かつ自分自身の背番号のついたものを着用する。
A靴:靴底は接地面が飴色、白色もしくは無色透明のフットサル用シューズとする。スパ
イクシューズおよび靴底が着色されたものは使用できない。または靴底が飴色か白
のゴム底の体育館用シューズとする。
Bビブス:交代要員は競技者と異なる色のビブスを着用しなければならない。
(6)試合時間
@1日目・4チームリーグ:20分間(前・後半10分間)インターバル3分
ランニングタイムとする。
・ブロック代表決定戦:20分間(前・後半10分間)インターバル3分
ランニングタイムとする。
同点の場合はPK方式により次戦への進出チームを決
める。
A2日目・準決勝リーグ:16分間(前後半各8分間)のプレイングタイムとし、ハー
フタイムのインターバルは3分間とする。(前半終了から後半開始まで)
・決勝戦:20分間(前後半各10分間)のプレイングタイムとし、ハ
ーフタイムのインターバルは5分間とする。(前半終了から後半開始まで)
同点の場合はPK方式により勝利チームを決める。
(7)懲罰:
@反則により警告の累積が2回及び退場した選手は、次の1試合を出場停止とする。
A退席処分になった監督・コーチは次の1試合ベンチ入りできない。
(8)その他:ランニングタイムの試合においては、タイムアウトは採用しない
12 参加申込平成26年9月23日(火)各地区理事まで
13 参加料10、000円(プログラム代を含む)
14 表彰優勝・準優勝・第3位(2チーム)・敢闘賞(2チーム)の計6チームに表彰状・
トロフィー(またはカップ)を授与する。また、1チームにフェアプレー賞を授与する。
なお、優勝チームは全国大会への出場権を得る。
15 監督者会議・審判研修*6/22の審判
(1)期日平成26年10月13日(月) 研修会を受講して
(2)会場監督会議:栃木県総合教育センター(予定) いない4級帯同審
審判研修:会場未定判員は、この審判
(3)日程と内容@ 受付9:40〜10:00 研修会を必ず受講
A 会議・研修10:00〜11:30 すること。
・要項確認・ルール確認・組み合わせ抽選・事務連絡・審判研修他
16 傷害補償
(1)大会に参加する選手は、スポーツ安全保険に必ず加入していること。
(2)大会における選手の傷害等の補償は、スポーツ安全保険の範囲内のみで、主催者は一切負わ
ないものとする。
17 その他
(1)参加申込書の作成の留意事項。
@ 参加選手の氏名、登録番号、所属チームを正しく記入する。フットサル登録のみで4種
サッカー登録をしていない選手は所属チーム欄に「フットサル登録のみ」と記入する。
A ユニフォームは参加申込書に記入したものを使用する。参加申込書送付後は変更を認め
ない。
B 監督・コーチ・審判や選手に未記入や誤記のあった場合は、該当者のベンチ入りや出場
を認めない。
(2)大会当日、監督証または仮監督証、選手証を必ず持参すること。電子選手証も認める。
(3)以下に該当するチームは不戦敗(0−7の没収試合)とする。
・色の異なる正副2着のユニフォームを用意できない場合
・試合開始時刻に10分以上遅れた場合
・当日の監督会議に監督が無断で遅刻・欠席した場合
(4)大会当日第1試合開始40分前に、会場で監督・審判打ち合わせを行う。
(5)会場内施設の物損事故があった場合は、関係チームのスポーツ安全保険で修理する。
(6)D級以上のライセンスを取得している監督及びコーチのみ、ベンチ入りを認める。但し、代
表者はこの限りではない。(D級ライセンス取得者は、少年サッカー連盟主催の技術講習会
または県協会主催のカンファレンスを受講していること)


バーモントカップ参加方法について - 2014/05/11 (Sun)

バーモントカップ全日本少年フットサル大会栃木県大会に参加するために
1 はじめに
今年度より、フットサルチーム登録のしかたが大幅に変更になりました。それにともない、
「バーモントカップ全日本少年フットサル大会」に参加するための条件等も変更になっていま
す。以下の説明をよくお読みになり、また大会要項なども確認していただいて、大会に参加す
るには、どのような形でチームを構成すればよいのか確認してください。
2 大会参加資格
「サッカーチーム「フットサルチ」ーム」どちらでも大会に参加することができます。
(1)サッカーチームの場合
4種サッカーチームとして登録しているチーム内の選手のみで出場したい場合は、新たに
フットサルチーム登録をする必要はありません。サッカーチーム登録のままで出場できます。
選手証は、サッカーの物でOKです。また、代表者以外の監督、コーチ、審判員などの役員
スタッフがそろえば、ひとつの登録チームから、何チーム出場してもOKです。6年生が○
人以上という条件はありません。
(2)フットサルチームの場合
サッカーチームにおいては別のチームである選手たちで、集まってチームを作って出場し
たい場合(同地区内の選手のみでチームを構成すること!)は、JFA登録サイト「新KIC
KOFF」から「フットサル新規チーム登録」が必要です。選手証は電子選手証になります。
また、代表者以外の、監督、コーチ、審判員などの役員スタッフがそろえば、ひとつの登録
チームから、何チーム出場してもOKです。6年生が○人以上という条件はありません。
(3)ひとつの登録チームから複数チームが出場可能になったため、チーム役員については以下
のようになります。
代表者…ひとつの登録チームから数チーム出場した場合は、すべてのチームが同じ代表者に
なります。ベンチ入りにライセンスは必要ありません。
監督…出場するそれぞれのチームで別の監督が必要です。D級以上のライセンスが必要で
す。
コーチ…出場するそれぞれのチームで2人以内です。D級以上のライセンスが必要です。
審判員…出場するそれぞれのチームで別の審判員が必要です。フットサル審判員の資格が必
要です。(4級審判は6/22のフットサル研修会、または10/13の審判研修
会を受講しなければ、県大会の帯同審判には慣れません)
◎すべての場合において、選手に関しては地区予選から全国大会まで、複数のチームから参加
することはできません。
ただし、監督、コーチ、審判員に関しては、@地区予選→県大会、A県大会→全国大会のタイ
ミングで新たに登録してOKです。
2 登録手続きについて
上記の参加資格を確認していただいて、「フットサル新規チーム登録」が必要である場合は、
県協会ホームページ→「チーム/選手登録」→「種別登録案内」→「フットサル」→「登録案
内」を参照して登録を進めてください。今年度より、フットサルも昨年度までの「大会ごとの
登録」ではなく、年度当初にチーム登録をして、その中から大会に参加する、というようにサ
ッカーと同じ扱いになりました。そのため、フットサルチーム登録をすると、サッカーチーム
登録と同様に、2万円前後の金額が必要になります。詳しくは登録案内で確認してください。
●フットサルチーム登録の〆切は5月末日です。登録後「フットサル連盟加盟登録票(U12)」
(登録案内と同じ場所に書式があります)を作成し、栃木県少年サッカー連盟の地区理事に3部、
提出してください。
3 その他
(1)地区大会や県大会に参加するための参加申込書・参加料は、各地区予選・県大会の要項
にしたがって地区理事に提出してください。
(2)「バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会栃木県大会要項」「参加申込書」
は県協会ホームページの「第4種委員会・少年連盟」からダウンロードして確認、使用し
てください。
(3)他のサッカー大会同様、移籍した選手が大会に参加できるかどうかは、県大会、地区大
会それぞれの大会要項を確認してください。
問い合わせ
@バーモントカップの参加のしかたについての問い合わせ…地区理事を通してフットサル委員長
A登録について…栃木県サッカー協会


第38回全日本少年サッカー大会栃木県大会組合せ - 2014/05/18 (Sun)

第38回全日本少年サッカー大会栃木県大会 (チーム名は略です)
【6月7日(土)】
<さくら市鬼怒川運動公園南コート>
@南河内−おおぞら
A足利−細谷
B南河内−落合
C足利−氏家
Dおおぞら−落合
E細谷−氏家
<さくら市鬼怒川運動公園北コート>
@ARDORE−祖母井
A栃木SC−藤岡JFC
BARDORE−SFiDA
C栃木SC−共英
D祖母井−SFiDA
E藤岡JFC−共英
<那須塩原市那珂川河畔公園サッカー場>
@AS栃木−ブロケード
AFC栃木−Le.veZ
BAS栃木−大谷北チャレ
CFC栃木−今市FC
Dブロケード−大谷北チャレ
ELe,veZ−今市FC
<佐野市運動公園多目的球技場>
@朱雀−昭和戸祭
A大谷北フォルテ−OMFC
B朱雀−プラウド
C大谷北フォルテ−みらい
D昭和戸祭−プラウド
EOMFC−みらい
<栃木市渡良瀬運動公園>
@みはら−グラディオ
Aヴェルフェ−栃木UVA
Bみはら−ペガサス藤岡
Cヴェルフェ−西那須
Dグラディオ−ペガサス藤岡
E栃木UVA−西那須
<日光市塩野室運動公園>
@リフレ−みどりが丘
A御厨−ファイターズ
Bリフレ−野原
C御厨−VALON
Dみどりが丘−野原
Eファイターズ−VALON
<真岡市鬼怒自然公園サッカー場>
@Riso−Bonito
AZERO−ESPACIO
BRiso−間東
CZERO−姿川第一
DBonito−間東
EESPACIO−姿川第一
<宇都宮市石井緑地B>
@今市第三−カンピオーネ
A稲村−しおや
B今市第三−ともぞう
C稲村−毛野
Dカンピオーネ−ともぞう
Eしおや−毛野